頻尿

頻尿

「お友達と食事中にトイレに行きたくなり我慢できない」
「おしっこが近くて遠出が出来ない」
とトイレの悩みで困っている方も多いようです。

我慢が出来ない理由は膀胱に尿が十分に溜っていないのに自分の意志と関係なく、勝手に膀胱が収縮してしまう過活動膀胱かもしれません。
この過活動膀胱を含めてトイレが異常に近くなる事を「頻尿」といいます。

頻尿の女性

この「頻尿」の原因は過活動膀胱の他にもたくさんあります。おしっこをしたすぐ後にも膀胱の中に尿が残っていたり、おしっこの量が多かったり尿路感染、炎症、腫瘍、また意外とご相談が多いのが心因性を原因とするものです。

こうした頻尿に対して西洋医学では「抗コリン薬」という膀胱が過敏に収縮するのを抑える薬を使用します。
副作用に口が渇いたり便秘になったり、物がかすんで見えたり、めまいが起きるという事もあるようです。

漢方では一時的な膀胱の炎症や、細菌感染の場合は猪苓湯等を短期間飲んでいただくこともあります。
年齢からきている頻尿は「腎虚」と考えて治療します。生命エネルギーである「精気」を蓄えている「腎」が衰えている状態と考えるわけです。
一般的に八味地黄丸や八味地黄丸に牛膝(ごしつ)と車前子という薬草を加えて作用を増強した「原末 牛車腎気丸」を使用することが多いです。
牛膝(ごしつ)という薬草は血の改善作用や浮腫みを取ったり、又車前子は消炎作用、利水の働きがあります。

頻尿の原因が心因性の方もいらっしゃいます。自律神経のアンバランスから尿が気になってしまう。一度の失敗がストレスやトラウマになってしまうわけです。
心のバランスも安定させなければなりません。もしかしたら冷えが原因で失敗しトラウマになり悪循環を引き起こしているのかもしれません。
体を温める「陽気」の不足や「気の滞り」を改善する漢方が良いでしょう。
又バランスセラピーを同時にお勧めして気にならなくなり改善する方も多いです。

頻尿の基本の養生

トイレに行くのを1回だけ我慢してみる。最初のうちは5分程度がまんして1週間続ける。次は10分間程度我慢して1週間。20分間我慢して1週間という訓練です。
又尿道、肛門をきゅっと締めたり緩めたりを2〰3回繰り返す。のち3〰5秒止めて緩めるを2~3回行う。
これはいつでもどこでもできる養生です

頻尿の相談は伸光漢方堂まで

頻尿は症状や生活習慣などから原因を見つけ、その方に合った対処をすることが大切です。
当漢方薬局では、元気でいきいきとした生活を送っていただけるよう、お客様の症状、ライフスタイルなど伺いながらカウンセリングとご提案をさせて頂きます。

カウンセリングご希望の方は、ご予約をいただければお待ちいただくことなくスムーズにご案内することが出来ます。
できる限りご予約の上、ご来店ください。無理な売り込みも一切ございませんので、ご安心ください。

ご相談やカウンセリングのご予約は、メール、またはお電話にて承ります。
[営業日:火・水・金・土]
092-511-6496営業時間: 9:30-18:00 [定休日:日・月・木・祝祭日]
ご予約の方のみ 18:00〜20:00 承ります。
--------------------------------------------時間外のご相談・お問合せはこちらへお電話ください。090-9566-6158

カウンセリング予約・お問合せ 〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原3丁目20-18

地図