痛風

痛風

何らかの原因で尿酸が体の中にたまり、結晶となって関節に入り込むと体を守っている白血球が反応して激しい関節炎を起こすことがあります。
検診などで尿酸値の異常が見つかっても長期間放置していると「高尿酸血症」と呼ばれる状態になり、ある日突然関節に強烈な痛みが襲うのです。

痛風の原因

痛風で痛む足

痛みは1〰2週間で治まることもありますが、油断しているとまた激痛が起こるという方がほとんどです。
これを繰り返していると関節の痛みだけではなく、腎臓機能の悪化につながったり尿路結石を引き起こす方も多いようです。

痛風と漢方薬

漢方では脾虚(胃腸の働きが弱い)の方に多く体に湿(余分な水分)や「熱」が溜っているのです。
脾虚の方はもともと湿をためやすく、そこにストレス等が続く事により気が停滞し熱を持つと考えられます。
津液(水分)は体に必要なものですが気滞(気の巡らない)が続くと水分が湿気になるのです。
そこに熱が加わり代謝が阻害され尿酸が溜ります。

痛風の痛み発作時には竜胆瀉肝湯や田七人参を。
痛みがさらに強いときは「附子」を用いますが、基本的に体のバランスを整えないと改善はないので脾虚を改善して湿を取りやすくするために香砂養胃丸や六君子湯を服用し、下腹部に熱があるときは猪苓湯を使います。
又尿酸の結晶によって血管の壁が傷つけられたり、血の流れが悪い時には和漢薬を併用することもあります。

痛風と食養生

食養生も大切で「プリン体」と呼ばれる成分を多く含む物は避けましょう。
たとえばアルコール類、牛レバー、鶏レバーを含む肉類、干しシイタケ、煮干し、エビ等です。
なるべく野菜、海藻類をたくさん食べるように心がけてください。

痛風の相談は伸光漢方堂まで

痛風は症状や生活習慣などから原因を見つけ、その方に合った対処をすることが大切です。
当漢方薬局では、元気でいきいきとした生活を送っていただけるよう、お客様の症状、ライフスタイルなど伺いながらカウンセリングとご提案をさせて頂きます。

カウンセリングご希望の方は、ご予約をいただければお待ちいただくことなくスムーズにご案内することが出来ます。
できる限りご予約の上、ご来店ください。無理な売り込みも一切ございませんので、ご安心ください。

ご相談やカウンセリングのご予約は、メール、またはお電話にて承ります。
[営業日:火・水・金・土]
092-511-6496営業時間: 9:30-18:00 [定休日:日・月・木・祝祭日]
ご予約の方のみ 18:00〜20:00 承ります。
--------------------------------------------時間外のご相談・お問合せはこちらへお電話ください。090-9566-6158

カウンセリング予約・お問合せ 〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原3丁目20-18

地図